05.古本の横断検索は更に便利

resize

横断検索とは、メタサーチ検索とも呼ばれる、複数の図書館の蔵書を一度に検索できるシステムです。お探しの本のタイトルや著者名などを一度入力するだけで、このシステムに参加している各県内の図書館の蔵書をまとめて検索することができます。

横断検索の方法ですが、書名や著者名などわかっている項目を入力し、検索をかけます。2つ以上の書名または項目を掛け合わせて検索する場合は、AND検索を行います。(書名は3つまで掛け合わせることができます。)
検索の対象とする図書館を指定することができます。検索したい地域または図書館をチェックします。全図書館の検索も可能です。
指定された条件での検索結果が表示されます。
一覧の中の該当資料を探したら、その詳細をチェックしてください。この表示内容は各図書館のシステムにより異なります。検索した本は、その本の所蔵館で観覧できますが、他の自治体の資料を借りられるかどうかは自治体によって異なります。

横断検索における注意事項として、横断検索システムは、各図書館それぞれのシステムを同時に起動して検索するものですので、検索条件や検索結果として表わされる項目は、各図書館の検索方法により違ってきます。それにより、検索にひっかかる資料にばらつきがでる場合があります。漢字、ひらがな、カタカナ、または記号など、文字の種類は、検索する図書館の検索条件により違ってきます。検索結果が出なかったときは、その図書館の検索条件に合わなかったこともひとつの理由として考えられます。また、検索結果の表示される上限を超えていることも理由としてあります。詳しくは、各図書館の検索条件などをご確認ください。例として検索語「トイストーリー」と「トイス・トーリー」または、と「といすとーりー」とでは、検索結果の件数が変わってきます。こういう場合、「・」や「カナ」の認識の方法が各図書館のシステムにより違いがあります。
検索結果件数が多い場合、各図書館システムの仕組みによりましては、ヒットしたデータをすべてを表示できない場合があります。そのときは、WebOPAC検索結果一覧の初めのページに表示される、最大件数までが表示されます。検索結果が多すぎるときは、条件の絞り込みをして再び検索をしてみてください。
「全体一覧表示」は検索した本を所蔵する図書館をまとめて表示することができますが、検索結果一覧に「ISBN」がある図書館に限りまとめて表示できます。
検索結果の表示に時間がかかることがあります。それは各図書館システムの処理の状況や回線の状態によるものです。一定時間を過ぎても検索結果が出てこない場合は検索を打ち切りましょう。

前のページへ → 【04.古本の検索を使って目当ての本を探そう

次のページへ → 【06.古本の通販でお得にゲット