03.古本を売るコツ

7307912228_6923913051_b

ジャンルによってじっくりショップを選ぶ

ヴィンテージのものやプレミアムなアイテム、マニアックなアイテムを売りたいと思っている方は、古本屋に行く前に、インターネットで検索してみましょう。

インターネットで古本の販売をしているショップでは高く買い取ってもらえる傾向があります。
ジャンルに合うお店を選ぶことが重要なポイントになってきます。

ショップによって、強いジャンル 弱いジャンルがありますので、売りたい本のジャンルに強いショップを選んだ方が、査定の金額が高くなる可能性があります。
一般的などのような古本でも買ってくれるショップでは、査定額も低くなりがちですので注意しましょう。
マニアックなアイテムを売る時は、駿河屋との取り引きがおすすめです!

本をきれいな良い状態で発送する。

一般的に、状態の良いきれいな本は高値で買い取ってもらえます。
ショップではなるべくきれいで状態の良い本を販売します。
状態の悪い汚れた本は、メンテナンスにかかる手間がかかりますが、きれいな本は、そのような手間がかかりません。
ですから、梱包の段階でちょっとしたメンテナンス…例えば表紙を軽く拭いておいたりするときれいに見えます。
また、梱包する際には、本が破れたり、潰れて変形したりすることがないように、気を配って丁寧に梱包することがとても大切です。
品物の量と箱のサイズが合わっていない場合、箱にぎっしり詰まらず空きができます。

そのような時は、空間を埋めるためにホームセンター等で購入できる、梱包資材を入れたり、宅配業者に送ってもらう際に上下がわかるような「逆さま厳禁」などのシールを貼ったりするようにしましょう。

セットで送る場合は仕分けしてから送る

時々、本+DVD、本+フィギュアなど、商品をセットで販売する方もいらっしゃいますが、そういう場合はセットした商品がショップ側にわかりやすいように送りましょう。
そういう少し工夫することで、多少査定の金額が変わる場合があります。
セット商品だと気が付かずに別々で査定されてしまうと評価が低くなる可能性があります。評価が低くならないように、セット商品だとわかるまとめ方で仕分けしておきましょう。

一般的な街にある古本屋の意外な話

街にある一般的な古本屋の場合、身だしなみ整ったきれいな人は、信頼性がもてるからという理由で査定額を上がったりするそうです。

美人が得をするという話があったりしますが、リアルにそういうことですね。
ちょっと人間味のある話で面白いですね。

…という話もありますので、査定額をなるべく良くするために、是非、街の古本屋に商品を売りに行く時は身だしなみを整える、こうした点に気をつけてみましょう。

前のページへ → 【02.古本を買取してもらうには?

次のページへ → 【04古本の検索を使って目当ての本を探そう